ピュアコンシャスネス・カウンセラー響木玲童 (Hibiki Reidou)ホームページ

Recovering Innocence, Love and Serenity

ニーチェの著作『ツァラトゥストラはこう語った』の中には、

駱駝(らくだ)獅子幼子という、精神の成長の 段階が語られています。

 

第 1 段階は、重荷を背負って黙々と歩む「駱駝」。

おとなしく服従し、与えられた責務を果たす、自由のない段階です。
  
この駱駝が、今までずっと自分を抑圧してきたことに気づくと、

他人の要求に対してNOと言う勇気のある「獅子」になります。

獅子は押し付けられた価値観と闘い、自分自身でいようとする段階です。

  
そしてさらに深い目覚めが起こると、

獅子はまったく無垢で自発的な「幼子」になります。

世界と自分自身が根本的に和解し、すべてに「YES」と言える段階です。

​​

振り返ってみると、自分自身にも

まさにこの 段階の変化が起こったと感じます。

以前、魂のカウンセラー・三森真人として提供していたのは、

ニーチェの喩えで言えば 駱駝から獅子への成長を促すヒントであり、

その変化を映す鏡のような意識に目覚めるための秘訣でした。

そして当時は、反骨のスピリットこそ本来の自分だと信じていたので、

自分が獅子の段階で足踏みしていることには気づいていませんでした。

しかし、一昨年すべての活動を休止した後に、

危機に瀕したパートナーとの関係性を根本から変える気づきがあり、

ようやく幼子の段階にシフトできたのです。

​このような経緯から、

2 年近く夫婦再生のプロセスを共にした妻の勧めもあり、

心機一転、名前も新たに個人セッションを始めることにしました。

2017 年 2 月

ピュアコンシャスネス・カウンセラー

木  玲

◎個人セッションのご案内はこちら

◎アメブロちょっと Take It Easy な日々では、

妻のakko日々の出来事や雑感を綴っています

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now